FC2ブログ

【蔵元訪問】5/30 伊勢神宮から名古屋へ、金虎酒造訪問

author photo

Byhikaru kimura

前日の河武醸造が遅くなり、急きょ伊勢に泊まることになったので、翌日はこの機会に伊勢神宮に行くことにしました。



朝から雨模様が残念でしたが、伊勢散策。


まずはおかげ横丁へ。



伊勢といえば伊勢うどん!

ネットで調べたいちばん有名なふくすけへ。



普段は並んでいるようですが、雨ということでスムーズに店内へ。



一番シンプルに伊勢うどん



初めて食べましたが、この触感は好みが分かれる味ですね^^;



そして腹ごしらえした後は、伊勢神宮へ。




雨が降っていたこともあり、厳かさが増していました。

今後は晴れて時に改めてきたいですね。



参拝後はおはらい町散策。



食べ物屋やお土産屋さんが多くありますが、



地ビール醸造所があったり、




酒蔵があったりとお酒には苦労しない街並み。

つまみを買って、飲みながらの散策も楽しい町並みです。



たっぷり伊勢を堪能した後、名古屋へ移動。




名古屋駅から名鉄瀬戸線で10分、大曾根駅に到着。

次の目的地は、そこから10分ほど歩いた街の中にある金虎酒造



専務の水野さんにお出迎えいただきました。



水野さんとは、この春にあるイベントでお会いして、そこからやり取りをさせていただき、急きょ訪問する機会をいただきました。



水野さんの案内で蔵見学させていただきました。





街中にあるので、コンパクトに製造設備をまとめています。


おもしろいものを発見。


瓶充填機 びん太




蔵見学の後は、金虎を試飲。



ここ数年、特定名称酒に力を入れているとのことで、米や造りにこだわったものが多く、香りは穏やかで、しっかりとした味わいの酒質。

また、新しい取り組みとしてチャレンジタンクとして、酵母や製法を変えたものにも挑戦しているとのことです。


個人的好みは本醸造でした。


クラシックラベルものあるのですが、色鮮やかなラベルも。

これには娘さんのある影響だそうです。その話はまた後日。



こちらは料理と日本酒のペアリングにこだわるお店で、名古屋で走る人ぞ知るお店。





せっかくなんので、料理と日本酒のペアリングをして頂きました。







そしてここでも、田中さんと水野さんの前で勝手に日本酒プチセミナーをさせていただきましたw



突然の訪問にもかかわらず、温かく迎えてくれた田中さん、ありがとうございました。




仙台→和歌山→大坂→三重→名古屋と充実した一週間を過ごすことができました。

各所で様々な方にお会いし、そして様々な方の前で日本酒の事を伝えていきました。

これからも全国津々浦々日本酒を広めてまいりたいと思います。


ご興味のある方、お気軽にお声がけくださいね。

連絡はこちらまで⇒hikaru.kukai@gmail.com




このあと、新幹線で帰るのをやめ夜行バスにしたため、水野さんと飲み歩いたのはまた別の機会に、、、、。




スポンサーサイト



Share

Comments 0

Leave a reply