FC2ブログ

4/18 第22回 みやぎ水産の日『宮城の旬の水産物と地酒を味わう会』<4月のテーマ:小女子(こうなご)>

author photo

Byhikaru kimura



参加希望の方は、こちらの登録フォームにご登録ください。 ⇒https://goo.gl/forms/X25XIy0nwGTxYCqm1



毎月第3水曜日の『みやぎ水産の日』に、東京で宮城の旬の水産物と日本酒のマリアージュを楽しむ会を開催しています。 22回目の4月は<小女子(こうなご)>です。 小女子は稚魚のときによばれる名称です。 3月終わりからゴールデンウィーク前までの約1か月間しか獲ることができない魚で、水揚げされた小女子はすぐに塩ゆでされ、天日干しに。天日干しされた小女子(しらす干し)は、100g(小皿一杯)でカルシウム約520mgを含み、成人の1日の必要カルシウム量が700mgですから、ほとんど1日分を賄えるほどの栄養分なんだとか。この量は牛乳よりも豊富な量だそうです。 今回はこの小さな稚魚を使って、料理長が腕によりをかけて、小女子料理をご用意します。そして日本酒は、×SAKEプランナー木村が料理とのマリアージュを意識したラインナップでお届けいたします。 ご参加お待ちしております。 ■みやぎ水産の日 https://sakanapm.com/suisan.php 【日時】 4/18(水)19:00~21:00 【会場】宮城漁師酒場 魚谷屋 東京都中野区中野2-12-9 TEL 03-6304-8455 http://uotaniya.fishermanjapan.com/ 【参加費】 旬の水産物コース 6,000円 ※飲み放題。当日店頭にてお支払い下さい。 【コーディネーター】 ・木村光(公界 ×SAKEプランナー) 宮城の魚料理と日本酒のマリアージュを提案する日本酒プランナー。 HP⇒http://hikarukimura.blog.fc2.com/ Facebook⇒https://www.facebook.com/hikaru.kimura1 【イベント内容】 毎月、宮城県より漁師や魚屋をゲストに呼び、みやぎ水産の日の旬のテーマ水産物にまつわる話や、料理人によるテーマ水産物の美味しい食べ方、調理のポイントを話します。またSAKEプランナーの木村氏もゲストも迎え、宮城の食材と地酒とのマリアージュもお楽しみ頂けます。 【定員】 40名 【問い合わせ】 宮城漁師酒場 魚谷屋 TEL 03-6304-8455
スポンサーサイト



Share

Comments 0

Leave a reply