FC2ブログ

2/10・11 宮城食コンフェア のご報告

author photo

Byhikaru kimura

2/10・11宮城の食コンフェアがWACCA池袋5Fにて開催されまして、その際の<伊達なきき酒バル2018><宮城の食コンフェア&伊達な地酒の会>のイベントコーディネイトをさせていただきました。


宮城の食コン2017は、宮城県の産品を「宮城ふるさとプラザ」にてお客様による試食投票で大賞を選んでいただく参加型イベントでした。その販売会の一環で様々な取り組みを行いました。




<伊達なきき酒バル2018>では、宮城の食コンにて受賞した商品と日本酒をセットにしてワンコインでお楽しみいただきました。


今回はいつもとは違う場所だったので、お客さんが来るか心配でしたが、杞憂でした。

たくさんのお客様にご来場いただき、2日間お盛り上がりでした。




そしてメインイベントの<宮城の食コンフェア&伊達な地酒の会>

宮城の食コンの入賞商品を使って、日本酒&料理ブロガーの酔いどれんぬ 稲浪理恵さんに料理を監修してもらい、大賞受賞者と来場蔵元の日本酒を楽しむというお得なイベント。満席御礼の中、日本酒を飲みながらスタート。



料理が順次出てくる中、まずは海の幸選手権の大賞<牡蠣ぽん>を受賞した、㈱海遊の伊藤社長からお話スタート。



次に山の幸選手権の大賞<塩ずんだ大福>大沼製菓の大沼さんから商品開発の経緯を伺いました。



またご来場いただいた一ノ蔵の志村直人や佐々木酒造店の佐々木洋さんからもお話を伺い、和やかに進行。

一ノ蔵 純米大吟醸 松山天 720ml [宮城県]【宮城がうまい!大物産展】
by カエレバ



たくさんのお客様に宮城の食材と日本酒を楽しんでいただき、PR出来たのはうれしく思います。




この企画は宮城県の食産業振興課の事業として<宮城がうまい!祭り>とともに、この二年間関わらせていただき、宮城の食の魅力を日本酒と交えて、発信していきました。


宮城県の食材とは10年以上関わっていますが、まだまだ魅力的な食材や商品がたくさんあります。今後も微力ながら、たくさんの方に知ってもらえるよう引き続きPRしていきたいと思います。



宮城県庁、宮城県東京事務所、そして事務局として活動されていた仙台放送エンタープライズ様、お疲れ様でした。

スポンサーサイト
Share

Comments 0

Leave a reply