FC2ブログ

【和歌山・海南 蔵巡り】一日目 名手酒造~丸山茂樹ライブ

author photo

Byhikaru kimura

あるご縁から和歌山で日本酒セミナーを開催させていただくことになり、1/27から29日の間に和歌山に行ってきました。

セミナーは28日なので、その前後は蔵巡り・酒器巡り。

というわけで、その時の様子を三回に分けて投稿していきます。



初日の27日は、和歌山県海南市の酒蔵【名手酒造店】に行ってきました。



<黒牛><菊御代>を醸している若き杜氏 岡井杜氏に御案内いただき、館内散策。


和歌山の日本酒といえば、僕の中では<黒牛>で、学生時代よく行っていた居酒屋さんに定番で置いてありました。そういうことあり、この蔵に来れるのはうれしい限りでした。


黒牛の由来はその昔、牛の姿をした巨岩があり、和歌にも詠まれるぐらい有名だったそうで、そこから命名したとのこと。現在は地中に埋まっているので、行方不明とのことです。掘り当てたら一攫千金?!蔵元から日本酒が贈呈されるかも(笑)


名手酒造は海南市内にあり敷地面積が限られているため、古い蔵を増改築して造り場を確保していました。石高は1600石、仕込み水は自社の地下水、精米機を2台も活用し、純米系にこだわった造り。

機材もシンプルで使い勝手のいいものをフルに活用して醸しているのがわかります。









また蔵を改装した売店兼カフェは、昔の暖気樽を椅子に、酒樽をテーブルに再利用するなど蔵元のこだわりのある作り。また古い機材などもありクラシックな雰囲気を一層盛り上げてくれてます。



ありがたいことに試飲もさせていただきました。









試飲させてもらったのは左から

・黒牛 純米酒 雄町

・黒牛 純米吟醸 雄町

・黒牛 純米吟醸 山田錦

・黒牛 純米酒

・黒牛 純米しぼりたて

出来立てのフレッシュさもいいのですが、個人的には黒牛らしい旨味をしっかり感じさせる味わいのものが好みで、雄町の純米吟醸がお気に入りでした。

黒牛 純米吟醸 雄町 瓶燗急冷(びんかんきゅうれい) 720ml
by カエレバ



途中から名手社長も加わり、日本酒講談。

街中にある昔ながらの風情が残る素敵な蔵でした。

杜氏の岡井さん、名手社長、ご案内ありがとうございました。



夕方から紀の川沿いのGallery&Cafe AQUAにて、 【音×酒】地域の魅力を伝える音楽×日本酒プロジェクトをいっしょにやっている 丸山 茂樹くんのライブ【SHIGEKIMARUYAMA写真集「-EN-」作品展&ライブ】があったので、お客さんとして参加。


写真をテーマにした-EN-の演奏や、風景を感じさせる音楽や歌。

しっかり聞くと風景が見え、似合う日本酒が浮かんできます。こういう時間はなかなか貴重なので、久し振りにゆっくり堪能できました。


2/20(火)に『 音×酒 vol.23』に南青山 Sake Salon Ozにてライブをやります。

ぜひいらしてください^^


【和歌山・海南 蔵巡り】二日目 うるわし館~根来寺~中野BC~日本酒セミナー

 に続く

スポンサーサイト



Share

Comments 0

Leave a reply