FC2ブログ

一夢庵酒流記~日本酒夢想家《木村光》の妄想ブログ

〜×SAKEプランナー、日本酒夢想家《木村光》のブログ。様々な活動のことや、日本酒を取り巻く環境で感じた事、夢想している事を書いていきます。〜
日本酒文化祭!オンライン 2020 2020.05.13
日本酒学園!酒蔵オンラインホームルームvol,3~松岡醸造 編~ 2020.05.11
5/5 日本酒学園!酒蔵オンラインホームルームvol,2~六歌仙編~ 2020.04.24
日本酒学園!酒蔵とオンライン飲み会!(仮)vol,1~金虎酒造編~ 2020.04.10
【中止】5/9,10 魚谷屋 日本酒セミナー ~第二期 第八回:日本酒・水産ツアー in 塩竃・石巻 ~ 2020.04.01

日本酒文化祭!2019のお礼

77217130_707465393110530_7568976777901506560_o_convert_20191130185022.jpg

日本酒文化祭!2019 in みらい館大明 、無事に終了いたしました。
たくさんのお客様にお越しいただき、誠にありがとうございます!

今回は2回目の開催ということで、昨年の反省点も含めて企画をしました。
無事に終わったとはいえ、至らない点たくさんありましたが、生徒会と生徒(ボランティア)の人たちが我がことのように動いてくれてここまで形になりました。このように日本酒を通して集まった仲間とともに形にできたことが何よりの成功だったと思います。

手作り感満載のこの日本酒イベントを、来年は日本酒学園! としてさらに発展させていきたいと考えてます。
今後ともよろしくお願いします。

今回この日本酒文化祭!2019にご参加していただいたお客様、ありがとうございました。
次回はまた違った世界をお見せしていきますので、来年もよろしくお願いいたします!

物販ブースとして出店いただいた、 Sakemark様、 酒造銘柄ノート様、 Sake-Bito Guild(酒人ギルド) 様、アラタマンズ東京様、 加藤五郎商店 様、木本硝子株式会社様、さけたん様。
物販はこのイベントの中でやり続けたいことの一つです。ご協力ありがとうございました。


料理を担当していただいた 師岡 修様。
急な依頼にも関わらずたくさんの美味しい料理を作っていただきありがとうございました。


特別授業にて講師をしていただきました 剣菱酒造株式会社 白樫 政孝様、 中野BC株式会社 中野 幸治様、 六歌仙 松岡 茂和様、 澤乃井醸造元 小澤酒造  小澤 幹夫様、 丸本酒造株式会社 丸本 仁一郎様、そして日本酒ナビゲーター講座を担当していただきました 北山 秀人様。
飲むだけではない日本酒の学びの世界を伝えていただきありがとうございます。



初開催の日本酒映画上映会は『カンパイ!世界が恋する日本酒』『一献の系譜』『The Birth of Sake』の三本立てで開催しました。
日本酒をご用意いただきました 南部美人 久慈 浩介様、 吉田酒造店 吉田 泰之様。
そしてご来場いただき会場を一緒に盛り上げていただきました 石井 かほり監督。
新しい取り組みに御協力頂き、誠にありがとうございます。

特別ブースとして参加していただいた 萌酒ボックス様 岡村 光徳様、 SakeWineLive! 吉良 竜哉様。
日本酒を発展させる新しい取り組みを発表していただきありがとうざいます。

協賛ブースとして参加していただきました 福光屋様、 出張撮影サービス PHOTTE様。
PHOTTEさまは日本酒の楽しさを写真を通してたくさん撮っていただきました。ありがとうございます。


初開催した日本酒学園!放送部を協賛していただいた 株式会社きくアド 菊森 久美様。
素敵ならラジオ収録、皆さんもぜひ聞いてみてください。
公開ラジオ放送⇒https://radiotalk.jp/program/34033


エンターテイメントを披露してくれたGaku・ザ・ジーニアス(マジックショー)、酒蔵DJ Sequence Master(DJ)、ウラダイコク(演劇)、カポエラ・ナセウ・ソウ(カポエラ演武)、大明バンドASUCA(ライブ)
日本酒文化祭!を盛り上げ、華やかにしてくれてありがとうございます。

そしてお酒を仕入れさせていただきました、 シュウ・サケ・コーポレーション 様、株式会社いまでや様、 宮城ふるさとプラザ様、 四釜商店様。
いつも美味しいお酒をご用意していただきありがとうございます。

さらに日本酒文化祭!生徒会としてともに運営に関わってくれた 田所 恭子様。
デザインや設営、運営ディレクターとして裏方として現場を仕切り、先生や生徒を取りまとめていただき、ありがとうございます。

最後に、たくさんの生徒(ボランティア)の方々。
みなさんが我がことのように関わってくれたおかげで、文化祭が盛り上がりました。本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

みなさま、ありがとうございました!
また、来年お会いできる日まで!!

日本酒文化祭!実行委員会
生徒会長 木村光

ーーーーーーーーーーーーーー

日本酒文化祭!サイト
HP ⇒ https://nihonsyukukai.wixsite.com/sakebunkasai2019
facebook ⇒ https://www.facebook.com/nihonsyubunkasai/
twitter ⇒ https://twitter.com/nihonsyubunkasa
Instagram ⇒ https://www.instagram.com/nihonsyubunkasai/

日本酒学園!HP開設!!
http://nihonshugakuen.jp/

スポンサーサイト



11/24 「酒と笑顔と私と地域」~『地酒』地域とともに!!~in日本酒文化祭!2019

FB_eventbannar_Matsuoka_convert_20191101170254.jpg


【登録についてのお願い】
参加希望の方はこちらの登録フォームにご登録ください。
https://forms.gle/JMYcKQpGNWyQG9Wq6

============


『日本酒学園の文化祭』をテーマに、日本酒を飲んで、学んで、見せて、楽しむイベント【日本酒文化祭!2019】

日本酒文化祭!2019チケット販売サイト⇒https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01evpw10gzuwz.html

日本酒文化祭!サイト
HP ⇒ https://nihonsyukukai.wixsite.com/sakebunkasai2019
facebook ⇒ https://www.facebook.com/nihonsyubunkasai/
twitter ⇒ https://twitter.com/nihonsyubunkasa
Instagram ⇒ https://www.instagram.com/nihonsyubunkasai/

日本酒学園!HP開設!!
http://nihonshugakuen.jp/


今回も蔵元に教師になっていただき、特別授業を開催いたします。

地酒と言われる日本酒ですが、長らく低迷・衰退の時期がありました。
年々廃業していく蔵元が多い中、未来を見据えて統合し、地域に根差しながら新しい取り組みとともに歩んでいく山形県東根市の<六歌仙>

地域との取り組みや未来への展望を六歌仙 代表取締役の松岡茂和先生にうかがいます。

黒板を使った懐かしい授業風景を楽しみながら、日本酒の世界を学びましょう。

ご参加、お待ちしております。

============

日時:11月24日(日)
会場:みらい館大明 301教室( 東京都豊島区池袋3‐30−8)

時間:
15:00~15:45【 「酒と笑顔と私と地域」~『地酒』地域とともに!!】

特別授業受講費:1,000円(税込)
※お支払いは当日会場3F生徒会室(レジ)にて現金でお支払いください。
※授業チケットをお使いいただければ<無料>で参加できます。
※また日本酒飲み放題リストバンドを着用の方は<500円引き>で受講いただけます。

<ご注意>
・登録後数日中に、登録完了メールを送ります。すぐにはご返答できませんが、ご了承ください。
・20歳未満の参加は受け付けておりません。また参加時に身分証明書のご提示を義務付けております。


【講師プロフィール】
松岡茂和



1970 年(昭和45 年)生まれ。
東京農業大学醸造学科を卒業し、宝酒造伏見工場、灘工場に勤務、師匠に出会い酒造りをより深く学ぶ。1996 年に株式会社六歌仙に勤務。2011 年より代表取締役を務め、現在に至る。
座右の銘は、『やってやれないことはない』とにかく楽天的で、様々なことに挑戦する比較的温厚な性格。趣味は食べること酒を飲むこと、そして温泉巡り。ジム通いと少しのゴルフ、とにかく寝ることで健康維持を図る。


【酒蔵紹介】
株式会社 六歌仙
http://www.yamagata-rokkasen.co.jp/




代表銘柄:『六歌仙』『山法師』『手間暇』など。

六歌仙は、さくらんぼの生産量日本一で有名な山形県東根市の酒蔵です。奥羽山脈を背景に、肥沃な土地と豊かな湧き水に恵まれた環境で、山形県産米にこだわった酒を醸しています。
地域の酒蔵5蔵が合わさり、新しい酒造会社「六歌仙」が立ち上がりました。六歌仙とは、6 つ目のブランドになることから古今和歌集で知られる平安を代表する歌人「六歌人」をイメージし、彼らの詠んだ詩のように、人々の心にやさしく響き渡るお酒を醸したい。という思いから名付けられました。
六歌仙は、様々な飲酒シーンを提案していくため、日本酒だけではなく「さくらんぼ」や「ラフランス」を使ったご当地リキュールにも力をいれています。多彩なラインナップを取り揃え、時代に合った技術革新を行っていくことで、酒造りの新たな次元を創造しています。


<お問い合わせ>
日本酒文化祭!実行委員会
事務局担当:公界 木村
nihonsyubunkasai@gmail.com

11/24 小澤酒造の珍歴史~酒蔵を始めるまで~in日本酒文化祭!2019

FB_eventbannar_Ozawasyuzo_convert_20191031223608.jpg

【登録についてのお願い】
参加希望の方はこちらの登録フォームにご登録ください。
https://forms.gle/KPtiwLDhpGSm7UVq9

============


『日本酒学園の文化祭』をテーマに、日本酒を飲んで、学んで、遊んで、楽しむイベント【日本酒文化祭!2019】

日本酒文化祭!2019チケット販売サイト⇒https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01evpw10gzuwz.html

日本酒文化祭!サイト
HP ⇒ https://nihonsyukukai.wixsite.com/sakebunkasai2019
facebook ⇒ https://www.facebook.com/nihonsyubunkasai/
twitter ⇒ https://twitter.com/nihonsyubunkasa
Instagram ⇒ https://www.instagram.com/nihonsyubunkasai/

日本酒学園!HP開設!!
http://nihonshugakuen.jp/


今回も蔵元に教師になっていただき、特別授業を開催いたします。

11/24㈰の3時限目の特別授業は東京都の酒蔵<小澤酒造酒造株式会社>
奥多摩の地で300年の歴史を誇る小澤酒造。
今では東京都の蔵元として認知がありますが、様々な歴史的な経緯があり現在に至ります。
そこで今回は小澤酒造 23代目当主 代表取締役社長小澤幹夫先生をお招きし、若き後継者から今までの歴史とこれからの東京の酒についてお話をうかがいます。

黒板を使った懐かしい授業風景を楽しみながら、日本酒の世界を学びましょう。

ご参加、お待ちしております。

============

日時:11月24日㈰
会場:みらい館大明 301教室( 東京都豊島区池袋3‐30−8)

時間:
14:00~14:45【 小澤酒造の珍歴史~酒蔵を始めるまで~】

特別授業受講費:1,000円(税込)
※お支払いは当日会場3F生徒会室(レジ)にて現金でお支払いください。
※授業チケットをお使いいただければ<無料>で参加できます。
※また日本酒飲み放題リストバンドを着用の方は<500円引き>で受講いただけます。

<ご注意>
・登録後数日中に、登録完了メールを送ります。すぐにはご返答できませんが、ご了承ください。
・20歳未満の参加は受け付けておりません。また参加時に身分証明書のご提示を義務付けております。


【講師プロフィール】
小澤幹夫
澤乃井 醸造元 小澤酒造株式会社
代表取締役社長 23代目当主




【酒蔵紹介】
小澤酒造株式会社
http://www.sawanoi-sake.com/



元禄15年(1702年)江戸と甲州を結ぶ街道筋・武州 沢井村に創業。以来300年にわたり東京・奥多摩の地酒として親しまれてきた造り酒屋です。酒名『澤乃井』は当蔵の所在地名『沢井村』にちなんで命名しました。沢井とは豊かな名水が沢となって流れているところからつけられた地名です。東京とはいえ奥多摩はかなりの深山渓谷です。あるのは自然ばかり、奥多摩の産物はすべて自然からの贈り物。清らかな水も、そこから生まれる酒もその一つです。この自然と水が300年の歴史を支えてきたといっても過言ではなく、奥多摩の自然を感じていただけるような酒を目指しております。



<お問い合わせ>
日本酒文化祭!実行委員会
事務局担当:公界 木村
nihonsyubunkasai@gmail.com

11/24 蔵元たちが考える米作り~ 農!と言える酒蔵の会~ in日本酒文化祭!2019

2019_FB_eventbannar_Notoieru_2.jpg


【登録についてのお願い】
参加希望の方はこちらの登録フォームにご登録ください。
https://forms.gle/SnrETqX3ZpDzL3Lr7

============


『日本酒学園の文化祭』をテーマに、日本酒を飲んで、学んで、遊んで、楽しむイベント【日本酒文化祭!2019】

日本酒文化祭!2019チケット販売サイト⇒https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01evpw10gzuwz.html

日本酒文化祭!サイト
HP ⇒ https://nihonsyukukai.wixsite.com/sakebunkasai2019
facebook ⇒ https://www.facebook.com/nihonsyubunkasai/
twitter ⇒ https://twitter.com/nihonsyubunkasa
Instagram ⇒ https://www.instagram.com/nihonsyubunkasai/

日本酒学園!HP開設!!
http://nihonshugakuen.jp/



今回も蔵元に教師になっていただき、特別授業を開催いたします。

11/24㈰の1時限目の特別授業は、今年立ち上がった新しい酒蔵グループ<農!と言える酒蔵の会>
酒米の栽培も行なっている酒蔵が集まり、情報交換や技術共有、そして情報発信をし、農業と醸造の間に新しい架け橋を作っていくことを目的に2019年7月に立ち上がりました。

そこで今回は会の幹事である丸本酒造 丸本仁一郎さんをお招きし、農業と醸造の課題やこれからの展望をついて授業していただきます。

黒板を使った懐かしい授業風景を楽しみながら、日本酒の世界を学びましょう。

ご参加、お待ちしております。

============

日時:11月24日㈰
会場:みらい館大明 301教室( 東京都豊島区池袋3‐30−8)

時間:
12:00~12:45【 蔵元たちが考える米作り~ 農!と言える酒蔵の会~】

特別授業受講費:1,000円(税込)
※お支払いは当日会場3F生徒会室(レジ)にて現金でお支払いください。
※授業チケットをお使いいただければ<無料>で参加できます。
※また日本酒飲み放題リストバンドを着用の方は<500円引き>で受講いただけます。

<ご注意>
・登録後数日中に、登録完了メールを送ります。すぐにはご返答できませんが、ご了承ください。
・20歳未満の参加は受け付けておりません。また参加時に身分証明書のご提示を義務付けております。


【講師プロフィール】
丸本仁一郎(まるもとにいちろう)
丸本酒造6代目当主 代表取締役



昭和38(1963)年生まれ
昭和61(1986)年3月 成蹊大学電気工学科卒業
平成10(1998)年10月1日 代表取締役社長 就任
平成20(2008)年10月1日 杜氏(製造部長)兼務

丸本酒造
http://kamomidori.co.jp/



【農!と言える酒蔵の会】
https://agri-sake.com/



私たちは日本酒メーカーですが、酒米の栽培も行なっている酒蔵です。
このスタイルは日本酒業界では稀な形態ですが、
その中でも、 大規模に栽培したり、長年にわたり栽培をしてきたりと、
筋金入りの酒蔵たちだけで構成されています。

<目的>
酒米の品質と日本酒の品質には、とても密接な関係であることは言うまでもありませんが、現状では農業と醸造の間に、十分な情報連携がなされていません。業界のさらなる発展の為には、技術や文化など様々な面で、農業と醸造と消費者をつなげていく必要があると考えます。
そこで経験や技術を、事実に基づいてお伝えしつつ、各組織に連携を促していくのが、私たちの役目です。(全量自社栽培を推奨する会ではありません。)

<活動内容>
・年間に2回程度のオープンセミナーを開き、多くの皆様に情報提供と、皆でご議論をして頂く場を提供します。
・本酒を提供する場面で、情報や商品の供給を承ります。
・農家や酒造、そして米流通と酒流通に対し、情報共有を促します。
・農業に参入したい酒蔵を応援します。
・海外に進出するにあたっての研究ならびに情報発信。
・各研究機関に対し、情報提供や共同研を行います。
・会員相互で、農業や酒造りについての取り組みを勉強します。


<お問い合わせ>
日本酒文化祭!実行委員会
事務局担当:公界 木村
nihonsyubunkasai@gmail.com

11/24 中野BCのBCって??~地域と世界を見つめる総合酒蔵~in日本酒文化祭!2019

2019_FB_eventbannar_NakanoBC_convert_20191021224910.jpg

【登録についてのお願い】

参加希望の方はこちらの登録フォームにご登録ください。
https://forms.gle/C61RzFJkXW7vvBzu5

============

『日本酒学園の文化祭』をテーマに、日本酒を飲んで、学んで、遊んで、楽しむイベント【日本酒文化祭!2019】

日本酒文化祭!2019チケット販売サイト⇒https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01evpw10gzuwz.html

日本酒文化祭!サイト
HP ⇒ https://nihonsyukukai.wixsite.com/sakebunkasai2019
facebook ⇒ https://www.facebook.com/nihonsyubunkasai/
twitter ⇒ https://twitter.com/nihonsyubunkasa
Instagram ⇒ https://www.instagram.com/nihonsyubunkasai/

日本酒学園!HP開設!!
http://nihonshugakuen.jp/


今回も蔵元に教師になっていただき、特別授業を開催いたします。

11/24㈰の2時限目の特別授業は和歌山県の酒蔵<中野BC株式会社>
日本酒だけでなく梅酒も有名な蔵元ですが、さまざまなアルコール類やヘルスケア、地元産の梅を使った商品など、多岐にわたる商品開発を展開。また蔵開きを年に複数回開催するなど、地元に愛される活動もされております。
今回は中野BC株式会社 代表取締役社長 中野幸治をお招きし、世界展開もしながら、地域に愛される活動の原動力ついてお話をうかがいます。

黒板を使った懐かしい授業風景を楽しみながら、日本酒の世界を学びましょう。

ご参加、お待ちしております。

============

日時:11月24日㈰
会場:みらい館大明 301教室( 東京都豊島区池袋3‐30−8)

時間:
13:00~13:45【 中野BCのBCって??~地域と世界を見つめる総合酒蔵~】

特別授業受講費:1,000円(税込)
※お支払いは当日会場3F生徒会室(レジ)にて現金でお支払いください。
※授業チケットをお使いいただければ<無料>で参加できます。
※また日本酒飲み放題リストバンドを着用の方は<500円引き>で受講いただけます。

<ご注意>
・登録後数日中に、登録完了メールを送ります。すぐにはご返答できませんが、ご了承ください。
・20歳未満の参加は受け付けておりません。また参加時に身分証明書のご提示を義務付けております。


【講師プロフィール】
中野幸治
中野BC株式会社 代表取締役社長



昭和50年生まれ
元理系の44歳。14年前に家業に戻り、杜氏、梅酒や日本酒の商品開発、人事など様々な業務を経験し4年前代表取締役社長に就任。現在は、海外を飛び回りながら、日本酒、梅酒、ジンなどの酒類と共に健康食品の輸出に取り組んでいます。


【酒蔵紹介】
中野BC株式会社


http://www.nakano-group.co.jp/

「日本庭園のある酒蔵」中野BCは、和歌山県海南市にある日本酒、焼酎、梅酒、味醂などを製造する蔵元。醸造を軸に、エッセンシャルオイルや、健康食品など、和歌山の特産品を使った研究開発を繰り返しています。


<お問い合わせ>
日本酒文化祭!実行委員会
事務局担当:公界 木村
nihonsyubunkasai@gmail.com