FC2ブログ

一夢庵酒流記~日本酒夢想家《木村光》の妄想ブログ

〜×SAKEプランナー、日本酒夢想家《木村光》のブログ。様々な活動のことや、日本酒を取り巻く環境で感じた事、夢想している事を書いていきます。〜
日本酒文化祭!オンライン 2020 2020.05.13
日本酒学園!酒蔵オンラインホームルームvol,3~松岡醸造 編~ 2020.05.11
5/5 日本酒学園!酒蔵オンラインホームルームvol,2~六歌仙編~ 2020.04.24
日本酒学園!酒蔵とオンライン飲み会!(仮)vol,1~金虎酒造編~ 2020.04.10
【中止】5/9,10 魚谷屋 日本酒セミナー ~第二期 第八回:日本酒・水産ツアー in 塩竃・石巻 ~ 2020.04.01

日本酒文化祭!オンライン 2020

ブログ用

日本酒好きの、日本酒好きによる、日本酒好きのための、日本酒文化祭!!中止を乗り越え、5/30,31オンラインで開催!

チケット販売準備中⇒

<日本酒学園!の文化際>をテーマに、廃校となった学校を活用し、酒蔵を招いた特別授業や映画上映会、酒器や関連グッズ販売、ライブやエンターテイメントなど、日本酒を伝える文化祭イベントを過去2回開催。本年度も2020年5/30,31も開催予定でしたが、COVID-19の影響で中止になりました。

しかしコロナ自粛で日本酒の販売減やイベント中止など、酒蔵にとって厳しい状況の中、家飲みセットやオンライン飲み会・イベントなどが増えてきました。

そこでCOVID-19の外出自粛が迫る5/30,31に、酒蔵の応援イベントとして「日本酒文化祭!オンライン 2020」を開催します!

酒蔵を先生としてお招きし、授業を開催。日本酒や酒蔵の歴史を楽しく学べます。
また夜には授業していただいた酒蔵が一堂に会し、日本酒フォーラムを開催。現在の日本酒の取り巻く状況や酒蔵の取り組み、そしてアフターCOVID-19展望などを伺います。
その後は参加者と酒蔵との乾杯や、少人数に分けての懇親会を開催。
上記をオンラインシステムを使って開催いたします。

まだまだ厳しい環境に置かれている日本酒業界ですが、これからの日本酒の明るい未来に向けた取り組みです。
ぜひ、ご参加ください。

=================

<開催概要>
5月30・31日(土・日)
酒蔵による授業:13:00~19:00(4時限、45分間授業・15分休憩・準備)
フォーラム  :19:00~20:00(45分間フォーラム・15分休憩・準備)
懇親会    :20:00~21:00

開催内容
酒蔵による授業 : 各酒蔵を講師に見立てて45分の日本酒授業の開催
フォーラム   : 各酒蔵による座談会&酒蔵と参加者の懇親会

チケット情報:
① 5/30 酒蔵授業 参加チケット 1000
② 5/30 酒蔵フォーラム&懇親会 チケット 2000
③ 5/30 酒蔵授業、フォーラム&懇親会 通しチケット 2500
④ 5/31 酒蔵授業参加 チケット 1000
⑤ 5/30 酒蔵フォーラム&懇親会 チケット 2000
⑥ 5/30 酒蔵授業、フォーラム&懇親会 通しチケット 2500
※売り上げは全額寄付として、酒蔵の日本酒を買い取ります。

注意事項:
※1.チケットの確認はオンラインツール上で確認いたします

日本酒文化!の最新情報はFBページで情報発信中!
イベント情報をチェックしてお越しください。

日本酒文化祭!
facebook ⇒ https://www.facebook.com/nihonsyubunkasai/
twitter ⇒ https://twitter.com/nihonsyubunkasa
Instagram ⇒ https://www.instagram.com/nihonsyubunkasai/

日本酒学園!


主催:日本酒学園!実行委員会(事務局:公界)

スポンサーサイト



日本酒学園!酒蔵オンラインホームルームvol,3~松岡醸造 編~

FotoJet_(19)_convert_20200511225702.jpg緊急事態宣言が徐々に自粛が緩和されてきましたが、まだまだ収束しないCOVID-19。

この影響で酒蔵や飲食店など日本酒を取り巻く環境は厳しさを増しています。このような状況下で日本酒の販売数が減少、、、。

この機会にすこしでも酒蔵のお役に立ちながら楽しめるイベントはできないだろうか?


そこで日本酒学園!で「酒蔵オンラインホームルーム(OHR)」を開催することにいたしました!

第三弾は埼玉県の酒蔵<松岡醸造>。


今回は松岡醸造さんに<5/24 zoom飲み会専用日本酒セット>をご注文いただいた方ご参加いただけます。そして、5/24に蔵元を交えながらオンライン飲み会を開催。日本酒の説明や蔵の話、質問コーナーなど日本酒を飲みながら学べる飲み会をご自宅でお楽しみいただきます。


蔵元や蔵人と交流しながら、COVID-19に負けずに日本酒を楽しみましょう!

皆さま奮ってご参加ください!


==《開催概要》===========
【開催日程】
5/24(日)19:00~20:30


【料金】
5,000円(税込)※送料込み
※20名限定
※松岡醸造のネットショッピングからご注文ください
※料金に含まれるもの:イベント限定6種類の松岡醸造の日本酒、酒粕、おつまみ、5/24開催オンライン飲み会参加費、送料


【オンライン飲み会までの流れ】
①登録フォームに情報を記入してください。
登録フォーム⇒https://forms.gle/ehhFLjzi2qoWbqJp9

②<5/24 zoom飲み会専用日本酒セット>をお買い求めください。
※お買い求めいただいた上に、OHR登録フォームにご記入いただかないと参加できません。ご注意ください。
松岡醸造ショッピングサイト⇒https://mikadomatsu.shop-pro.jp/?pid=150936366

③イベント前日までにオンライン飲み会用ツール(Zoomを使用)と諸注意のご連絡をメールにていたします。その際にダウンロードなどの準備をお願いします。

④イベント当日指定時間までにオンライン飲み会用ツールを準備してお待ちください。その際は日本酒だけでなくおつまみやお好みの酒器を用意してお待ちください。

⑤みんなで日本酒とおつまみと会話を楽しみながら、盛り上がりましょう♪


【お買求め方法】
松岡醸造ショッピングサイトにてお買い求めください。
5/24 zoom飲み会専用日本酒セット⇒https://mikadomatsu.shop-pro.jp/?pid=150936366


【日本酒】


5/24 zoom飲み会専用日本酒セット
・帝松 ケトハレ(ワイン酵母)
・帝松 初ばしり(初夏のお酒)
・帝松 雄町15年(雄町大吟醸 古酒)
・帝松 純米大吟醸 鳳翔(R1BY雄町)
・帝松 プレミアム純米雄町(雄町)
・帝松 プレミアム純米吟醸生原酒(玉苗)

<その他>
・ワイン酵母の酒粕
・帝松奈良漬け


【申し込み期限】
5/21㈭ 24時※支払い必着


【酒蔵情報】
松岡醸造株式会社
http://www.mikadomatsu.com/

代表銘柄:『帝松』など。

創業1851年(江戸末期:嘉永4年)
新潟県中頚城で酒造りに関わる家柄に生まれた初代:松岡祐エ門は、より良い酒造りに適した環境を求め、1851年に埼玉県小川町で松岡醸造を創業しました。
小さな町ですが現在3蔵の酒蔵が存在する小川町。
特に弊社は一番山奥に位置し、ここで取れる特徴的な仕込み水で酒造りを行っております。
この水は特異な硬水で、鉄鋼山系ではよく硬水はありますが、石灰岩系で硬度127mg/lというトップクラスの硬水で、鉄分は含まずミネラル豊富な水です。
酵母の発育を促すこの水と、それをコントロールする低温発酵タンクを用い、南部杜氏の資格を持つ経験豊富な杜氏の技で醸していきます。
日本最大級の全国新酒鑑評会では県内最多記録の8年連続金賞を保持し、その他IWCやSAKEコンペティションなどでも受賞しております。


【蔵元情報】
松岡 奨
松岡醸造株式会社 専務取締役

1986年生まれ
蔵のある埼玉県小川町生まれ。次期7代目。
大学卒業後、国税局醸造研究所と県の醸造試験場にて日本酒の製造研究にあたる。
2009年に松岡醸造に入社し、蔵人として造りに3年従事する。
その後3年間営業と商品開発を担当し、2015年より専務取締役に就任。
伝統を守りつつもチャレンジを続け、常に新しい商品開発に取り組む。


【ファシリテーター】
木村光
×SAKEプランナー、日本酒学園 生徒会長(仮)


<感性で味わう日本酒><日本酒の新しい価値観を創造>をテーマに活動している「公界」の×SAKEプランナー。日本酒企画立案、イベント・ツーリズム・セミナー企画運営、飲食店プロデュース、などあらゆる角度から日本酒の魅力を伝えるコンテンツを発信。また<日本酒学園!>のプロディースを手掛ける。
HP⇒http://hikarukimura.blog.fc2.com/


【日本酒学園!とは】


<日本酒好きの、日本酒好きによる、日本酒好きのための、日本酒学園!>をテーマにオン・オフラインで活動予定の「日本酒学園!」。2020年の6月開校をめどに活動をスタートします。HPやオンラインサロンを中心に活動しながら、年二回開催のオフラインイベントとして廃校を活用した日本酒イベント<日本酒文化祭!>を開催します。日本酒を楽しむ、学ぶ、伝える、遊ぶをコンセプトに定期的に活動していきます。
HP⇒http://nihonshugakuen.jp/
Facebook⇒https://www.facebook.com/nihonshugakuen/
Twitter⇒https://twitter.com/nihonshugakuen


============

【主催・お問合せ】
日本酒学園!実行委員会(担当:木村)
Email:hikaru.kukai@gmail.com
※お名前、ご連絡先を明記の上、ご連絡ください。

5/5 日本酒学園!酒蔵オンラインホームルームvol,2~六歌仙編~



※参加希望の方は登録フォームにご記入ください

https://forms.gle/v3ST6ADJas638FR47


============


緊急事態宣言が発令され自粛が続く中、まだまだ収束しないCOVID-19。 この影響で酒蔵や飲食店など日本酒を取り巻く環境は厳しさを増しています。このような状況下で日本酒の販売数が減少、、、。

こんな機会に、すこしでも酒蔵のお役に立ちながら楽しめるイベントはできないだろうか? そこで日本酒学園!「酒蔵オンラインホームルーム(OHR)」を開催することにいたしました!


第二弾は山形県東根市の酒蔵<六歌仙>。


今回は六歌仙で新しくスタートした<六歌仙特製飲み比べセット>をご注文いただいた方がご参加いただけます。そして、5/5に蔵元を交えながらオンライン飲み会を開催。日本酒の説明や蔵の話、質問コーナーなど日本酒を飲みながら学べる飲み会をご自宅でお楽しみいただきます。


蔵元や蔵人と交流しながら、COVID-19に負けずに日本酒を楽しみましょう!


皆さま奮ってご参加ください!



==《開催概要》===========

【開催日程】

5/5(火・祝)19:00~20:30


【料金】

3,300円(税込)※送料別

※㈱六歌仙からご注文いただく場合は【代引き】のみ、代引き手数料は㈱六歌仙が負担いたします
料金に含まれるもの:イベント限定6種類の六歌仙 日本酒、六歌仙特製ニコニコマークお猪口2個、5/5開催オンライン飲み会参加費

<送料(クール込み、税別)>
北海道 1,200円
東北、関東甲信越 900円
北陸、中部 1,050円
関西 1,100円
中国 1,300円
四国 1,400円
九州 1,500円
沖縄 3,000円


【オンライン飲み会までの流れ】 ①登録フォームに情報を記入してください。 六歌仙OHR登録フォーム⇒https://forms.gle/v3ST6ADJas638FR47 ②<六歌仙特製飲み比べセット>をお買い求めください。

<六歌仙特製飲み比べセット>をお買い求めいただいた上に、OHR登録フォームにご記入いただかないと参加できません。ご注意ください。 ③イベント前日までにオンライン飲み会用ツールと諸注意のご連絡をメールにていたします。その際にダウンロードなどの準備をお願いします(ツールは検討中) イベント当日指定時間までにオンライン飲み会用ツールを準備してお待ちください。その際は日本酒だけでなくおつまみやお好みの酒器を用意してお待ちください。 ⑤みんなで日本酒とおつまみと会話を楽しみながら、盛り上がりましょう♪


【お買求め方法】 ①問い合わせフォームにてご注文 「氏名」「メールアドレス」をご記入の上<内容(必須)>に「郵便番号」「住所」「電話番号」「発注セット数」を記入ください。

㈱六歌仙 問い合わせフォーム⇒https://yamagata-rokkasen.co.jp/contact/ ※COVID-19の影響で代引きをご希望されない方はその旨ご記入ください。お支払い方法は㈱六歌仙から別途連絡いたします。 ②お電話にて注文 TEL:0237-42-2777 ③FAXにてご注文 下記リンクからデータをダウンロード・ご記入の上、六歌仙までFAXください FAX:0237-43-6074


FAX用紙ダウンロードサイト⇒https://drive.google.com/open?id=1bAVrDz69h70yNTfE8F3JSR_KavLD6xDt


④酒販店での購入

<六歌仙特製飲み比べセット>は酒販店でもご購入いただけます。お取り扱いについてはお近くに酒販店にお問い合わせください。 六歌仙 取り扱い店舗一覧⇒https://yamagata-rokkasen.co.jp/dealer/OHRに参加希望の方はこちらの登録フォーム、または㈱六歌仙までご連絡ください。追って参加に関するご連絡を差し上げます。



【日本酒】

六歌仙特製飲み比べセット 180ml×6本

・手間暇 大吟醸 山田錦

・山法師 大吟醸

・六歌仙 五段仕込み純米

・山法師 純米超辛口原酒

・ひとときsparkling純米

・山法師 純米吟醸


【申し込み期限】 5/1(金)24時 ※㈱六歌仙に情報の必着



【酒蔵情報】

株式会社 六歌仙

代表銘柄:『六歌仙』『山法師』『手間暇』など。

六歌仙は、さくらんぼの生産量日本一で有名な山形県東根市の酒蔵です。奥羽山脈を背景に、肥沃な土地と豊かな湧き水に恵まれた環境で、山形県産米にこだわった酒を醸しています。

地域の酒蔵5蔵が合わさり、新しい酒造会社「六歌仙」が立ち上がりました。六歌仙とは、6 つ目のブランドになることから古今和歌集で知られる平安を代表する歌人「六歌人」をイメージし、彼らの詠んだ詩のように、人々の心にやさしく響き渡るお酒を醸したい。という思いから名付けられました。

六歌仙は、様々な飲酒シーンを提案していくため、日本酒だけではなく「さくらんぼ」や「ラフランス」を使ったご当地リキュールにも力をいれています。多彩なラインナップを取り揃え、時代に合った技術革新を行っていくことで、酒造りの新たな次元を創造しています。


【蔵元情報】

松岡茂和

株式会社六歌仙 代表取締役

1970 年(昭和45 年)生まれ。東京農業大学醸造学科を卒業し、宝酒造伏見工場、灘工場

に勤務、師匠に出会い酒造りをより深く学ぶ。1996 年に株式会社六歌仙に勤務。2011 年よ

り代表取締役を務め、現在に至る。

座右の銘は、『やってやれないことはない』とにかく楽天的で、様々なことに挑戦する比較

的温厚な性格。趣味は食べること酒を飲むこと、そして温泉巡り。ジム通いと少しのゴル

フ、とにかく寝ることで健康維持を図る。


【ファシリテーター】

木村光

×SAKEプランナー、日本酒学園 生徒会長(仮)

<感性で味わう日本酒><日本酒の新しい価値観を創造>をテーマに活動している「公界」の×SAKEプランナー。日本酒企画立案、イベント・ツーリズム・セミナー企画運営、飲食店プロデュース、などあらゆる角度から日本酒の魅力を伝えるコンテンツを発信。また<日本酒学園!>のプロディースを手掛ける。
HP⇒
http://hikarukimura.blog.fc2.com/


【日本酒学園!とは】

HPhttp://nihonshugakuen.jp/
Facebookhttps://www.facebook.com/nihonshugakuen/

<日本酒好きの、日本酒好きによる、日本酒好きのための、日本酒学園!>をテーマにオン・オフラインで活動予定の「日本酒学園!」。2020年の6月開校をめどに活動をスタートします。HPやオンラインサロンを中心に活動しながら、年二回開催のオフラインイベントとして廃校を活用した日本酒イベント<日本酒文化祭!>を開催します。日本酒を楽しむ、学ぶ、伝える、遊ぶ、をコンセプトに定期的に活動していきます。


============


【主催・お問合せ】

日本酒学園!実行委員会(担当:木村)

※お名前、ご連絡先を明記の上、ご連絡ください。

日本酒学園!酒蔵とオンライン飲み会!(仮)vol,1~金虎酒造編~

FotoJet (18)


※参加希望の方は登録フォームにご記入ください
https://forms.gle/Qx6quMugsG32T1vQA

============


緊急事態宣言がなされまだまだ収束しないCOVID-19の中、酒蔵や飲食店など日本酒を取り巻く環境は厳しさを増します。このような状況の中で日本酒の販売数が減少、、、すこしでも酒蔵のお役に立ちながら楽しめるイベントはできないだろうか?
そこで日本酒学園!では「酒蔵とオンライン飲み会!(仮)」を開催することに決定しました!

第1弾は愛知県名古屋市の酒蔵『金虎酒造』
今回のイベントのために特別に瓶詰めしていただいた日本酒を酒蔵から直送、そしてその日本酒の飲みながら蔵人を交えながらオンライン飲み会を開催。日本酒の説明や蔵の話、質問コーナーなど日本酒を飲みながら楽しい飲み会をご自宅でお楽しみいただきます。

蔵元や蔵人と交流しながら、COVID-19に負けずに日本酒を楽しみましょう!

皆さま奮ってご参加ください!


==《開催概要》===========

【開催日程】4/25㈯ 19:00~20:30

【料金】4000円(税込) 限定15セット 送料別
※お支払い方法についてはメールにてご連絡いたします
※料金に含まれるもの:イベント限定金虎酒造日本酒×5本(220ml)、蔵元おすすめのみそ、酒粕、オンライン飲み会参加費

<送料>
中部地方:880円
関東、関西、北陸、信越:990円
中国、四国:1100円
東北、九州:1210円
北海道:2200円
沖縄:3080円
※税込み

【お支払い方法】
登録フォーム完了後、金虎酒造ネットサイトのURLをメールにて送ります。そちらの内容をご確認の上、お手続きください。
お支払い方法は着払い、銀行振込、キャッシュカードが可能です。

【発送内容】
<日本酒>


金虎酒造 220ml特別瓶詰ボトル

・純米吟醸 虎変
・特別純米 虎変

・大吟醸 名古屋城本丸御殿(ワイングラスでおいしい日本酒アワード2020最高金賞)
・KCT2020「つけてみそかけてみそに合う日本酒」
・KOTORA-citric(白麹仕込み低アルコール純米酒)


<その他>
・つけてみそかけてみそ
・金虎酒造の酒粕

【申し込み期限】4/20㈪※お支払いの完了もお願いいたします

【オンライン飲み会までの流れ】
※詳細は参加者にメールにて送ります
①登録フォームに情報を記入してください
②ご記入いただいたメールアドレスにお支払い方法を送りますので、所定の日時までにお支払いください。
③所定の日時に日本酒を郵送いたします。受け取りをお願いします。
④イベント当日までにオンライン飲み会用ツールのダウンロードなどの準備をお願いします(ツールは検討中)
⑤イベント当日20時前にオンライン飲み会用ツールを準備してお待ちください。その際は日本酒だけでなくおつまみやお好みの酒器を用意してお待ちください。
⑥みんなで日本酒とおつまみと会話を楽しみながら、盛り上がりましょう♪

【蔵人紹介】

蔵元:水野 善文 大学卒業後、システムエンジニアとして5年勤務。その後「家業を継ぐか、廃業か」の選択を迫られ2004年に金虎酒造に入社。2013年、名古屋おもてなし武将隊・加藤清正と、より品質にこだわった名古屋の新銘酒ブランド「虎変」を創生。2014年、名古屋市内の4つの酒蔵で協同し、名古屋の日本酒をPRするグループ「ナゴヤクラウド」を結成。担当カラーはイエロー。 その後も金虎チャレンジタンクシリーズなど新しい酒造りに意欲的に取り組んでいる。 仮面ライダーファンである

杜氏:木村 伸一 2 0 代の若さで全国新酒鑑評会6年連続金賞受賞を果たし、その他にも数々の賞を受賞している愛知県指折りの実力派杜氏。 普段は柔和だが酒造りには一切の妥協を許さず、ストイックなまでに良い酒を追い求める。 また新技術の研究にも余念がない。飲みやすく、それでいて味わいの広がる酒造りを理想とする。 ガンダムファンである

【酒蔵情報】


金虎酒造
https://www.kintora.jp/
地元とともに歩んだ百有余年。
これからも地元とともに。

弘化二年(1845年)、善光寺街道入口山田村(現名古屋市北区山田)にて初代大阪屋善兵衛が酒造業を始めて以来、代々越後杜氏の技を活かし、手作りを心がけた酒造りを行ってきました。また、名古屋の数少ない酒蔵として地元の期待を背負っています。
屋号の「金虎」は名古屋城名物の金鯱と、三代目善兵衛が寅年であった事に由来しています。昭和20年5月の大空襲により名古屋城と同時に蔵を焼失しており、名古屋城と浅からぬ因縁を感じ、平成3年より「大吟醸 名古屋城本丸御殿」を製造開発し、現在幅広くご愛顧頂いています。


<日本酒学園!とは>

http://nihonshugakuen.jp/
<日本酒好きの、日本酒好きによる、日本酒好きのための、日本酒学園!>をテーマにオン・オフラインで活動予定の「日本酒学園!」。2020年の6月開校をめどに活動をスタートします。HPやオンラインサロンを中心に活動しながら、年二回開催のオフラインイベントとして廃校を活用した日本酒イベント<日本酒文化祭!>を開催します。日本酒を楽しむ、学ぶ、伝える、遊ぶをコンセプトに定期的に活動していきます。

============


【主催・お問合せ】
日本酒学園!実行委員会(担当:木村)
Email:hikaru.kukai@gmail.com
※お名前、ご連絡先を明記の上、ご連絡ください。

【中止】5/9,10 魚谷屋 日本酒セミナー ~第二期 第八回:日本酒・水産ツアー in 塩竃・石巻 ~

日本酒セミナーバナー


【中止のお知らせ】
COVID-19の影響により、第二期の魚谷屋 日本酒ツアーを中止いたします。
このような状況でGW明けに開催するのは困難と判断いたしました。楽しみにされていたみなさま、大変申し訳ありません。
また第6回、7回のセミナーについては順次ご案内していきます。


===============

===============


宮城漁師酒場 魚谷屋 にて開催中の<魚谷屋 日本酒セミナー>
第二期は2019年10月から始まり、日本酒の基礎知識から応用編、宮城の日本酒、さらに漁業の知識や魚との相性を計七回に渡り授業をしてきました。

そして第二期最終回は<日本酒・水産ツアーin塩竃・石巻>を開催いたします!


初日に伺うのは浦霞で有名な塩竃市の㈱佐浦への酒蔵見学。塩竃の歴史や日本酒造りを学びながら日本酒の試飲もしていただきます。その後は、塩竃神社など塩竃散策。
夜は石巻へ移動しフィッシャーマンジャパンの漁師を交えた懇親会を開催。宮城の日本酒を取り揃えている地元の居酒屋さんにて、ご歓談や情報交換を日本酒と地元の料理でお楽しください。

2日目は石巻市内の浜にてフィッシャーマンジャパンが誇るホヤ漁師による漁業体験を開催。普段見ることのない漁師の日常に迫ります。
そして蛤浜へ移動後、はまぐり堂にて漁業体験&BBQランチをお楽しみいただきます!


蔵元や漁師の想いが体験できるたのしいツアーです。
皆さま奮ってご参加ください!


==《開催概要》===========

【旅行日程】5月9日㈯~10日㈰ 1泊2日

【旅行代金】大人30,000円(税込)
※お支払い方法については後日メールにてご請求させていただきます
※魚谷屋 日本酒セミナーに御参加いただいた方々には、特別価格でご案内いたします

※参加費に含まれるもの…宿泊費、一日目夕食、二日目朝食・昼食、二日目石巻市内の移動費

【定員】最大15名

【申し込み期限】5月6日(水)

【訪問地】宮城県塩竃市・石巻市内

【集合場所】宮城県 本塩釜駅前10:10集合

【スケジュール】
※詳細は参加者にメールにて送ります
<9日㈯>
10:10 本塩釜駅集合
㈱佐浦 蔵見学⇒塩竃にてランチ⇒阿部勘酒造⇒塩竃神社⇒本塩釜駅から石巻駅⇒石巻市内にて懇親会

<10日㈰>
宿泊先前集合後、車にて移動⇒谷川浜到着 渥美さんホヤ漁師見学⇒蛤浜 はまぐり堂にて漁業体験&BBQランチ⇒石巻駅着 現地解散

【ツアー申込後について】
①登録フォームにご登録ください。ツアー状況の変化については逐一ご案内いたします
②状況が落ち着くころ(4/中旬から後半)に、お支払い方法の連絡を直接メールにてご案内いたします。その際に魚谷屋日本酒セミナー参加者には割引価格にてご案内いたします。
③お支払いは5/7までにお願いします。
④5/7までにお支払いいただいた方に<参加者用のしおり>をメールにてご連絡いたします


【訪問蔵元情報】

㈱佐浦
http://www.urakasumi.com/
古くは歌枕の地として都人の憧れだった塩竈。国内有数のマグロの水揚げがあることで知られる漁業の町だが、さらに「名酒あり」と、その名を広めているのが「浦霞」醸造元の佐浦だ。江戸末期から明治初期に建てられた蔵は、門前町の町並みに風格あるたたずまいを見せる。
浦霞の味を支えてきたのは、平野佐五郎、重一の名杜氏。叔父と甥の関係にある2人が得意とする香り高い吟醸酒は、毎年のように各鑑評会で入賞を重ねた。名誉杜氏、故平野重一さんの卓越した技は、銘酒「浦霞禅」を生んだ。戦後の日本酒のイメージを変える淡麗辛口の逸品で、その後の吟醸ブーム、地酒ブームの先駆けとなった。
浦霞禅のヒットを端緒に増産が続き、三季醸造に転換。さらに高品質の酒を安定供給するため、東松島市に第2の蔵として矢本蔵を建設。現在、本社蔵を小野寺邦夫杜氏が、矢本蔵を平成24年(2012)より赤間勲杜氏が浦霞ならではの酒造りを受け継いでいる。

【漁業体験】

<渥美 貴幸>


ホヤ漁師
漁師に憧れ、漁師をゼロからスタートしたチャレンジャー。 地形と海流がホヤ養殖と種取りのどちらにも適し、ホヤの聖地とも呼ばれる谷川浜の最年少漁師。ホヤの知識、そしてホヤへの愛情は人一倍。漁業に関する知識は、群を抜く博学者であり、戦略を練って生産に取り組む若手漁師の知恵袋。震災後、新しい漁業のありかたを地元の若手漁師たちと模索し続けている。船の上での作業中も音楽をかける大の音楽好きで、自身はバンド経験有り。音楽と海産物を両方一緒に楽しめちゃう企画を計画中だとか。。。


【ツアーガイド】
<魚谷浩>


「宮城漁師酒場 魚谷屋」店主 兼 株式会社フィッシャーマン・ジャパン・マーケティング飲食事業部長

学生時代を香川県で過ごし、食の楽しさと地方の豊かさに出会う。
2011年独立を目標に10年間勤めていた飲食企業を退社。同時期に東日本大震災が起こり、独立を延期しボランティアに参加。
2013年被災地及び過疎の地区に交流人口で持続可能な集落を形成するためcafeはまぐり堂をプロデュース。
2015年地方のPRを兼ねた飲食店を開業するため東京に移住。
2016年6月24日、これまでに出会った仲間とともに『宮城漁師酒場 魚谷屋』を開業
現在「宮城漁師酒場 魚谷屋」店主 兼 株式会社フィッシャーマン・ジャパン・マーケティング飲食事業部長として次世代へのショクバ(食場&職場)作りに奮闘中。漁師と日本の未来は明るい!!

<木村光>


×SAKEプランナー

<感性で味わう日本酒><日本酒の新しい価値観を創造>をテーマに活動している「公界」の×SAKEプランナー。日本酒企画立案、イベント・ツーリズム・セミナー企画運営、飲食店プロデュース、などあらゆる角度から日本酒の魅力を伝えるコンテンツを発信。
HP⇒http://hikarukimura.blog.fc2.com/

============

【主催・お問合せ】
宮城漁師酒場 魚谷屋(担当・魚谷)
TEL:03-6304-8455
Email:hikaru.kukai@gmail.com (担当:木村)
※お名前、ご連絡先を明記の上、ご連絡ください。

【企画運営】
公界 合同会社

【協力】
フィッシャーマンジャパン
一般社団法人 はまのね
㈱佐浦
㈲四釜商店